リハビリテーションとは

リハビリテーション(rehabilitation)とはre(再び)、habilitation(回復させる)が語源であり、慢性疾患を有する者を身体的、社会的にできるだけ十分に、早く回復させる過程をいいます。当院のリハビリは理学療法士が患者様とマンツーマンで行なう運動療法(徒手療法、筋力トレーニング、ストレッチ、日常生活訓練など)と物理療法(電気刺激、牽引など)の2種類があります。

運動療法

担当の理学療法士が患者様のお体の状態を種々の検査などの身体機能評価を行い、患者様お一人お一人にあわせたリハビリプランを立案いたします。リハビリプランの立案には患者様の身体機能のみならず生活環境なども考慮して行い、何を改善すれば症状を根治できるのかといった観点からプランを作成いたします。ですから当院のリハビリは対症療法ではなく、根治を目指すために行ないます。患者様の症状を改善することは勿論ですが、再発を予防できる身体環境の獲得、また自己管理が可能になるように患者様と理学療法士が二人三脚で治療を進めてまいります。

例えば腰が痛いから腰の筋肉をほぐすのではなく、腰がなぜ痛くなったのかを紐解いて、腰以外に原因があればそちらに治療を行い、症状を除去します。更に、腰痛が再発しないためにストレッチ、筋トレなどのホームエクササイズの提案・指導や生活習慣の改善のためのアドバイスなどを行います。

上記以外にも外反母趾、胼胝(魚の目)などの足部の障害、膝痛やスポーツ障害に対して、足底挿板(靴の中敷き)の作製も行なっております。

また運動療法の一環として加速度トレーニング機(power plate)も導入済で、低体力の方からトップアスリートまで安全に筋力トレーニングができほか、高圧酸素カプセルも導入しており疲労の回復、怪我の早期治癒を図る環境をご提供しています。

パワープレート

酸素カプセル

リハビリの対象疾患

骨折、捻挫、腰痛、五十肩、変形性関節症、脊柱管狭窄症、外反母趾などの一般整形外科疾患は勿論、シンスプリント、オスグッドシュラッター病、野球肩・肘などのスポーツ障害やスポーツでのパフォーマンス向上など幅広く対応しております。

キセノン

干渉波

物理療法機器

・腰椎・頚椎牽引

・マイクロウェーブ

・ホットパック

・キセノン

・干渉波

・超音波

・SSP(電気針)

・ウォーターベッド

・高圧酸素カプセル

訪問リハビリ

 

現在、受け付けておりません