スタッフの声

恒久会で働く先輩職員達に、”仕事のやりがい”について聞いてみました。

 Sさん(山口医院 看護師)

地域に根ざした医療を目標に日々勤務しています。毎日患者様より心からの「ありがとう」の言葉を頂きます。給与を得るために仕事に励みますが、それだけでは継続的に看護の仕事はできないと思っています。利用者様や患者様に頼られ、必要とされる実感が必要で、恒久会にはそれがあると感じています。


 Tさん(メディケアーならわ 介護福祉士)

私のやり甲斐は、利用者様の笑顔です。利用者様の笑顔を見るために、日々仕事に取り組んでいます。また、所属する施設のスタッフはコミュニケーションが活発で、お互いに協力し合える環境です。ひとつの目標に向かって専門職として施設の皆さんと一緒に仕事ができることも充実感に繋がっています。


 Wさん(メディケアーやまゆり 介護福祉士)

利用者様から感謝の言葉を頂くと、この仕事をやっていてよかったと思います。介護職は利用者様の色々な話を聞いたり、一緒にレクリエーションをしたりする中で新たな気付きがあり、自身の成長に繋がる仕事です。周囲のスタッフにも恵まれ、日々明るい気持ちで仕事に励むことができています。


 Nさん(メディケアーさざなみ 介護福祉士)

私は未経験で介護の仕事を始めました。最初は何も分からず大変でしたが、周囲の先輩職員に支えられ、介護の仕事にやり甲斐を感じるようになりました。私は利用者様の笑顔が大好きです。施設の皆さんと一緒に利用者様のADLやQOLの向上、その維持に日々努めています。


 Iさん(グループホームならわの家 介護福祉士)

介護は大変な仕事ですが、私は利用者様が元気で楽しく過ごして頂いていることにやり甲斐を感じています。何より「ありがとう」と利用者様が言って下さる時、自分の仕事に誇りを持てます。職場はスタッフと意見を共有することができる働きやすい環境で、みんなと一緒に成長ができています。


 Yさん(メディケアーやまゆり 理学療法士)

介護老人保健施設には在宅復帰支援や在宅生活支援等、利用者様の人生に寄り添う大切な役割が多くあります。そのような中、リハビリ職として入所・通所・訪問リハビリの利用者様が安心・安全に生活が送れるよう支援させて頂いています。利用者と目標に向かって、楽しい時間を共有できることにやり甲斐を感じています。