医師経歴

【名前】 足利 建


【專門分野】 消化器内科 内科一般 肛門疾患 外来小手術

【最終学歴】 1981年 東京慈恵会医科大学卒業

【経歴】

1981年4月~1983年3月 東京慈恵会医科大学にて外科研修医として、第2外科、第1外科、麻酔科、慈恵医大青戸病院外科の順に研修

1983年4月 東京慈恵会医科大学外科学講座第2入局、大腸癌の研究班に属し大腸がんの臨床及びラットを用いた発癌に関する研究を始める、消化器外科の臨床及び手術に関して研鑽する

1988年9月 医学博士号習得

1995年4月 東京慈恵会医科大学外科学講座第2 講師就任

1999年12月 東京慈恵会医科大学外科学講座第2 退局

2000年1月~2013年12月 河野臨床医学研究所付属第3北品川病院 外科部長

2000年4月 医療法人社団恒久会 メディケア-さざなみ施設長 さざなみクリニック管理者として現在まで勤務

【趣味】 居酒屋めぐり(地酒のおいしい店) 仏像鑑賞(三月堂の仏像最高!) 音楽鑑賞(ザ·パンド、CSNY、はっぴぃえんど、オアシス、やっぱりピートルズとストーンズは外せない)


患者様へ一言

慈恵医大外科に在籍していた19年間は、消化器外科医として仕事をさせて頂き、2000年より、外科診療と内科診療を兼務するようになりました。60歳を過ぎた年前より外科手術からはリタイアさせていただき、内科医として、消化器疾患から高血圧、糖尿病などの成人病まで広く診させていただいております。長く消化器診療に従事していたため、胃の内視鏡検査は10000件以上、大腸内視鏡検査も3000件以上経験しております。患者様に苦痛の無い内視鏡検査を受けていただくよう常に一工夫し、また微細な病変も見逃さないよう,最新の機器をそろえて検査に臨んでおりますので、ご安心して検査をお受けください。また、痔などの肛門疾患も専門分ですので、痔などでお悩みの方はご気軽にご相談ください。