医療法人社団恒久会の理念と組織

医療法人社団恒久会の理念

わたしたち恒久会は、
「思いやり、心と心のふれあい、患者様の立場に立つ医療・福祉」
を理念に掲げ、医療・保健・介護・福祉の各サービスを一体的に提供できる体制を整えています。

理事長ご挨拶

心のふれあいを大切に、お一人お一人を尊重したケア・サービスを。

 平素は、私たち「恒久会」の活動をご支援賜り、厚く御礼申し上げます。当法人は平成7年に設立され、多くの皆様方のご支援により現在は袖ケ浦市や木更津市を中心に19床を持つ「山口医院」、無床診療所である「さざなみクリニック」、介護老人保健施設2ケ所、短期入所生活介護施設1ケ所、認知症高齢者グループホーム1ケ所、介護支援センター1ケ所を展開しております。
 これまでも「恒久会」は高齢者医療を中心に、急性期から慢性期に至るまで、そして、在宅から入院に至るまで扱う法人として地域での重要な役目を担ってきました。平成19年には関連法人である社会福祉法人「恒久福祉会」が木更津市に特別養護老人ホームを開設し、さらにより多くの地域住民の皆様のため、医療・保健・介護・福祉が一体となった地域の拠点づくりに力を注いでおります。
 昨今、本格化する超高齢化社会に代表される社会構造の大きな変化により、その責任の大きさを改めて痛感しております。
 超高齢化社会。それは年齢を重ねることの素晴らしさを実感できる社会でなければなりません。
 大切なのは、何よりも健康。そしていくつになっても、できる限り自立した生活をおくることではないでしょうか?
 そのために私たちは、単に医療体制や設備の充実だけでなく、日頃の健康管理の重要性を重視し、施設理念である「心ふれあいを大切に、お一人お一人を尊重したケアサービス」を常に心におきながら、必要としているケアサービスを、必要な時に提供できるよう努めております。
 私たち「恒久会」は、向質習奉(向上心を持って、質を高め、技術を習得し、地域社会に奉仕する)を目標にこれからも地域の皆様方とのふれあいを大切にしながら、皆様方の健康でより充実した毎日のお役に立てるよう努力してまいります。

法人概要・沿革/お問い合わせ